昼キャバとは|目的に合わせてキャバクラを使い分けよう/昼キャバ・セクキャバとは

目的に合わせてキャバクラを使い分けよう/昼キャバ・セクキャバとは

昼キャバとは

物憂げな女性

江坂でもキャバクラへ通う男性は毎日のように目撃しますが、最近注目されているのが昼キャバです。
昼キャバとは、昼から夕方にかけて営業しているキャバクラのことです。
業務内容はお酒の提供と接客ですので、これに関しては夜のキャバクラと大差ありません。

夜のキャバクラと昼キャバを比較したとき、営業時間以外にも違いがあります。
それが働く女の子のタイプです。
夜のキャバクラで働いている女の子といえば、キラキラした衣装に身を包んだ派手な子を想像する人が多いのではないでしょうか。
しかし、昼キャバで働いている女の子は夜に比べると落ち着いており、学生やOLが多くなっています。
また、主婦層の女性も多くなっているなど、夜働くのが難しい女性が昼キャバで活躍しているのです。
こうした女の子の違いから昼か夜か、遊ぶキャバクラを選ぶのもいいですが、基本的には夜勤などが理由で夜のキャバクラに通いにくい男性客が多くなっています。

昼キャバは夕方くらいに店を閉めるため、夜遅くまで遊んでしまう心配がありません。
そのため、生活リズムを悪化させることなくキャバクラ通いができるのです。
ただし、料金はやはりそれなりにかかってしまいます。
特にハメを外してお酒を注文しすぎたりしていると、支払い時に思わぬ金額を請求されることもあるので注意しましょう。